r note

世界は、価値の鉱山だ。

自己紹介

今さらですがこのブログは、しがない営業マンの修行・勉強記録です。そのときどきに勉強しなければと思ったテーマを脈絡無くアウトプットしていますが、まったくの気まぐれというわけでもなく、いくつか軸になっている関心や思考があります。

私の略歴

1988年生まれ、新卒で総合商社に入社して以来、これまで一貫してエネルギー業界で海外営業をしています。詳細は省略しますが、コモディティの大量売買というよりは、一件一件が重いプロジェクトに入札するようなタイプの仕事です。

最初の数年間は東京の本社で、主にヨーロッパの客先を中心に担当。私はすごく饒舌だったり押し出しが良かったりというタイプではなく、我ながらあまり営業っぽい人間ではないかなあ、と当初はけっこう悩みました。が、あるとき間違いなく「ホームラン」と呼べる案件を受注して以降は、第一印象がスーパーではなくても、長い目でパフォーマンスがスーパーなら信頼は勝ち取れるんだ、と開き直ります。

この「ホームラン」は本当に異次元の試練で、当時は冷静に私生活とのバランスを取るような余裕も無く、寝ても覚めても胃をキリキリさせていました。ゾンビのような足取りで出勤する私の姿を見た同期社員には気持ち悪がられていたらしいですが、まあ、20代で一度くらいはしておいてもいい経験だった気がします。

その後、中東はドバイへと赴任し、より前線に近い立場で営業に携わりました。中東のビジネス自体が赴任までまったく経験のないもので、しかもアラブ人・アフリカ人・東南アジア人混成のチームで仕事をするという、大いに学びに満ちた時間でした。帰国後の今も、「中東経験者」であることが一つの強みになっています。

総じて、どちらかというとバリキャリ志向が抜け切らないのと、国際派気取りみたいな発信が多いかもしれません。

価値観など

20代では、人生の目標を「アタマ・カラダ・ココロ」の3カテゴリーで立てていました。この時点で明らかですが、恥ずかしいくらい全てが自分中心でした。それだけ周りに恵まれて生きてきたということなのだと思います。

自分のアタマ・カラダ・ココロを高めた先に、何か社会に大きな価値を生み出したい、それが人生の目標だと考えていました。

しかし、とあるきっかけで人生を振り返り浮かんだ最大の後悔は、「社会」に対するアウトプットなど関係なく、もっとも身近な「家族・友人」の存在を当たり前と捉えてしまっていたことでした。当たり前のように思える彼らの存在が、いつ失ってもおかしくないものだと気付いていなかったことでした。突然の別れが訪れるかもしれない彼らに、日頃から十分な感謝と恩返しをしていなかったことでした。

家族や友人を相手にロクな恩返しもできていない人間が、「社会に価値を」なんて、今思えばファッション以外の何物でもありません。

30歳になる2018年からは、「家族・友人・社会」という切り口で目標を立てています。社会に対する恩返しも、引き続き目標の一つではあります。でも、まずは家族・友人への恩返しに全力を尽くすことが、優先順位としては断然先です。私が人生に後悔は無いと言い切るためには、それが一番大事なことだと思ったからです。

こんな背景もあって、周りの人へのプレゼント(モノに限らず、コトも含めて)は、人生においてとても大切にしたいと思っていることの一つです。何をしている時よりも、人へのプレゼントを考えている時ほど幸せな気持ちになれる時間ってなかなか無いように思うのです。同様に、20代はどちらかというと敬遠していた日々を楽しむ・味わうみたいなことも、主に家族の幸せに貢献するという意味で、少しずつ考えるようになりました。

興味・関心

世界の「不」……よく言われることですが、世の中の不便、不満、不幸などなどを解決するのがビジネスだ、という考え方が好きです。今現在の仕事では競合ひしめく中で勝った・負けたという商売が多く、この原点をつい忘れがちになってしまうのですが。

サイエンス……「テクノロジー」も良いのですが、そこに落とし込まれる手前の「サイエンス」は、無限の可能性で色々な妄想を広げられるのでさらに大好きです。今で言えば量子力学のように、世界の「不」の解決に大きく貢献するサイエンスともなれば、ヨダレが止まりません。

プレゼント……前述したように、最近、誰かへのプレゼントを考えている時間が一番幸せだと思うようになりました。モノのプレゼントもそうですし、何かにつけてお祝いをしてみたり、BBQやキャンプを企画してみたり。

コーヒー……豆から挽いてハンドドリップなんて、何につけても合理性を突き詰めていた20代の私からすると考えられない行為なのですが、非合理的だからこそ日々のささやかな楽しみを味わえる気がして、ハマっています。

料理……これもニワカです。毎日手際よく作るというよりは、日曜大工的な週末の道楽です。少しずつ得意料理を増やしていけたらと思っています。

テニス……学生時代から腕前はへっぽこですが、真剣にやっています。テニスは何といっても、自分と最低限もう一人呼べればプレーできるのが素晴らしいですね。