r note

世界は、価値の鉱山だ。

『日本再興戦略』を読む前に:落合陽一の思想体系を検証する

最近、落合陽一さんの著作を一気読みしました。そのつもりで読み始めたわけではないのですが、たまたま目に留まった『超AI時代の生存戦略』の独特の切れ味にすっかり魅せられ、同氏の思想をむさぼるように読み続けてしまったのでした。

魔法の世紀

これからの世界をつくる仲間たちへ

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

ただし端々の鋭い洞察に惑わされて、全体としては「すごーい!たーのしー!」という感想しか残らない恐れがある人でもあります。私の足りない理解ではありますが、この記事では落合さんの「思想体系」らしきものを浮かび上がらせるべく、トライしてみたいと思います。

なお物事を深く理解したいときの常套手段として、あえて批判を試みるというやり方があります。ところどころ同氏の言説に私ごときがチャレンジするのは、思い上がりでも炎上商法でもなく、弁証法という先人の知恵であることをご理解いただければ幸いです。

デジタルネイチャー

まずは思想の根幹をなす世界観そのものについて。落合さんが予見する近未来は、人間も機械も溶け合った「デジタルネイチャー」という、どことなく東洋思想的なビジョンとして描かれます。この背景にある洞察を見ていきましょう。

社会の近代化は、人類にとって説明不可能で魔術的・神秘的とされてきた様々な現象を、科学の光で解き明かしていく「脱魔術化」の過程でした。

ところが現代の私たちは、何重にも折り重なった複雑なテクノロジー(たとえばパソコン)を目の前にして、もはやその仕組みの全容を理解することなく機械を使いこなしています。人類がふたたびブラックボックスを受け入れていく、いわば「再魔術化」の時代であるわけです。

したがって今後の技術の進化も、技術そのものの存在を意識させないカーム・テクノロジーの方向性に向かっていくことが予想されます。あたかも酸素のように当たり前の存在になっていくことこそ、技術の究極形なのです。

その先にあるのは、「人間 vs 機械」という対立構図ではありません。たとえば人間がスマホを利用しているのか、スマホが自己増殖のために人間を利用しているのかは、もはやロジカルに見分けることはできなくなっているし、そこを論じることに意味はありません。

そうではなく、世界は人間と機械の相互依存の循環、ひとつの情報系として捉えることができます。人間がその恩恵にあずかるには、恐れず積極的に自分の「機械親和性」を高めていけばよいということになるわけです。

正しいかどうかというよりも、ただ圧倒的に発想が広がる物の見方だと思うので、私はこのデジタルネイチャー論を支持します。「人間にしかできないことでAIに対抗する」という考え方よりも、「人間とAIが相互の不得意を補い合って、大魔術を生み出す」方が楽しそうです。

フェティシズムと「独善的な利他性」

続いて、デジタルネイチャーという世界観を踏まえた行動指針です。

合理的なこと、画一的なことでは、既に人間は機械に敵わなくなりつつあります。そこで人間が人間ならではの価値を発揮し、機械の不得意を補おうと真剣に考えていった時、「クリエイティブなこと」というあやふやな結論には至りません。

非合理なこと。趣味性のあること。エモいこと。身体性を伴うこと。機械には少ない「個体差」を最大限に活用していこうとすると、もっとも近い答えは「フェティシズム」という言葉になります。なお私はうなじフェチです。

この洞察には、2つの両面的な示唆があります。

  1. フェティシズムの追求が、AIの不得手を補い、人間ならではの価値を生み出す源泉となる。(他者に対して)
  2. AIという圧倒的強者を前に、人間がせせこましく「競争に勝つ」ためのフィールドを選ぶのは空しい。それならせっかくなので、自分のフェティシズムが満たされる分野に没入するのが幸せではないか。(自身に対して)

その先に「他人から見たらブラックスボックスだけど、自分にはすべてが分かるもの」、つまり魔法が生まれます。他人から見たら、もしかしたらボロボロのダンボールを被っているだけかもしれません。それでも、箱の中のVR空間があなたのフェティシズムに刺さっていれば、あなたは幸せなはずです。

既にPost Truthという言葉が生まれているように、人類はもはや「一つの真実」を共有しているわけではありません。であれば、独善的であろうと何だろうと、「これが世界のためになるんだ」と思い込める執念の強さこそがすなわち魔力の大きさになります。これを落合さんは「独善的な利他性」と呼びます。

原理のゲーム

もう一つの行動指針として、同氏は「原理のゲーム」を戦うことを唱えています。実はこのポイントについては、ここまでの記述ほど私は腹落ちしきれていません。

世の中の商品や作品は、①原初的な感覚への訴えかけや、基幹的な原理の発明をコアとするものと、②社会的な意味づけや、応用・アイデアの妙で戦っているものがあります。落合さんは前者を「原理のゲーム」、後者を「文脈のゲーム」と呼んでいます。

20世紀は文字通り、映像の世紀でした。マスメディアがみんなに一つの映像・イメージを共有させていたので、その文脈に一石を投じることがアートの訴求力となり得ました。

ところがインターネットの普及と共に、コンテンツを生み出してプラットフォームに載せることは誰にでも可能になり、今や文脈は飽和してしまった。よってこれからは「原理のゲーム」を戦っていこう、というのが落合さんの考え方です。

いや、私も個人的には「原理のゲーム」いいなぁと思うのですが、何かその裏のロジックがしっくり来ません。「文脈は飽和」したのか?本当に??

大衆芸術を例に出してはいけないのかもしれませんが、たとえば2000年代の日本最大の文化的成功者である秋元康さんは、まさに「文脈のゲーム」を仕掛けて勝っているように見えます。

私のアートへの造詣のなさが理解を難しくしている面はあるとは思うのですが、この疑問はもうひとつの邪推とも重なってしまいます。落合さんの中には一貫して、何か「文脈のゲーム」のプレイヤーに対するルサンチマンみたいなものを感じるのです。最後にこの点も掘り下げていきたいと思います。

クリエイティブクラス

「AI時代に最後までアイデンティティを保ち、社会に価値を生むのは誰なのか」というもっともキャッチーな問いに対する落合さんの答えは、「クリエイティブクラス」です。

20世紀的経済において、実際に現場で価値を生み出しているのはブルーカラーなのに、ただそれを管理しているだけのホワイトカラーがリターンを吸い上げていたのは、搾取の構造であると同氏は断じます。この構図は、AIの高度化とともに一変していきます。

Uberを例に挙げれば、運転手(ブルーカラー)へ指示を出していた事務屋(ホワイトカラー)は、アルゴリズムによって置き換えられてしまいました。そこで浮いたコストが還元される結果、運転手は従来のタクシー会社以上の給料を得ています。そして、プログラムを使いこなしてUberという魔法を作り出した人々が、いわばクリエイティブクラスであるということです。

この「AIに排除されるホワイトカラー、AIの下請けで働くブルーカラー、AIを利用して魔法を生み出すクリエイティブクラス」という類型が、落合さんが想定する未来の働き方の基本的なあり方となっています。

私がまず違和感を覚えたのは、ここで結局「AIを使う人・AIに使われる人」という二元論的な切り分けに戻っていることです。これは冒頭に述べたデジタルネイチャーという世界観と食い違います。

シンギュラリティというものが訪れるとすれば、それはAIが自ら「魔法」すらも再生産してしまう世界になります。そこではクリエイティブクラスも他の人間も、AIの圧倒的な魔力の前には等しく魔法にかかってしまうでしょう。というか今現在、既に我々は機械に使われているのかもしれないし、それを自覚させないことこそがカームテクノロジーの本領ということでした。

だからこそ「使われる」こと自体に拒否反応を示しても仕方ないし、どうせ使われるなら楽しく使われなきゃ損。そういう発想でフェティシズムを追求していくべきだよね、という話だったはずです。

逆に、AIが魔法すら再生産してしまうほどの究極的なシンギュラリティは訪れない、あるいは遙か遠い未来の話だと仮定した場合、AIの淘汰圧に耐えるのは本当にクリエイティブクラスだけなのでしょうか。

ホワイトカラーの仕事が「非合理性」「フェティシズム」と無縁であれば、この仕事はどれほど楽であったことでしょう。タクシーの配車調整ほど合理的な閉じた系の中で完結する仕事は、あくまでホワイトカラーのごく一部でしかありません。

私自身、商社という業界をファーストキャリアに選んだ最大の理由はここでした。お勉強やロジックの世界は割と得意で、たぶんいつでもキャッチアップできるだろうという自信があったのですが、ロジックの外側の世界が分からなかった。ホワイトカラーの世界にも魔法は存在すると感じ、それを学びたいと思ったのです。今でもこれは間違っていなかったとけっこう自信を持っています。

落合さんが「意識だけ高い系」と呼んで忌み嫌う、最大公約数的な成功への道を辿ろうとする人たちに、いわゆる文系ホワイトカラー層(「文脈のゲーム」のプレイヤー)が多いのは確かです。またホワイトカラーの標準装備はこのまま同じではあり得ず、機械についての知見・経験の比重が増えていくことも間違いないでしょう。

しかし、たとえばMBAやプロフェッショナルファームで学ぶビジネスのセオリーが、文字通り教科書にある画一的な理論を頭に詰め込むことだと思ったら大間違いです。泳ぎ方の本だけ読んで「泳げます」と言う人がいないのと同じで、ホワイトカラーの武器も、個別的な身体性に落とし込まれて初めて意味を持つ「魔法」ではないでしょうか。

まとめ

  • AI化の先に待っているのは、人間と機械が溶け合い互いを利用し合う「デジタルネイチャー」。機械との競争・対立を考えることは無意味
  • 人間ならではの価値を提供し、なおかつ自分のフェティシズムを満たすためには、「独善的な利他性」を追求していこう
  • これからは「文脈のゲーム」よりも「原理のゲーム」の時代だ(私は個人的にこの主張に懐疑的)
  • 機械を使う側であり続けられるのは、魔法を生み出す「クリエイティブクラス」だ(私は個人的にこの主張に反対)

個々の論点への賛否はどうあれ、AI化時代のあり方について大きく発想の幅を広げてくれるビジョナリーであることは確かです。落合作品の一気読み、ぜひ多くの方へお勧めしたいと思います。

魔法の世紀

魔法の世紀

 
これからの世界をつくる仲間たちへ

これからの世界をつくる仲間たちへ

 
超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト